ハンドメイドオーダー

昔ながらの手作り注文洋服

時間や手間を惜しむことなく、そのほとんどを手作業で行います。


1.ご着用目的などの確認
 まずはお客様のご着用目的・頻度・季節などの情報をいただきながら洋服のデザインや素材選びの大筋をうかがいます。(5~10分)

 

 

2.生地選び
 先に得た情報をもとに最適な素材をセレクトし、生地を選定していただきます。デザインやスタイルはもちろん、ボタン・裏地等の付属品もサンプル帳より選択していただけますが『細かい事は判らない・・』というお客様には生地やデザインに合った付属品をこちらで選定いたします。

(20~30分)

 

3.採寸(メジャーリング)
 アイテムによって採寸箇所は多少違いますが、20~25箇所ほど採寸いたします。メジャーでの採寸のほか特殊な採寸器を使い、肩の傾斜・胸の厚み等々、体型の観察も合わせて行います。(10~15分)

4.型紙作成

 採寸した数値と体型観察したデータを図面化し型紙(パターン)を作成します。


5・裁断

 型紙を生地の上に効率よく配置し、印付け(マーキング)をした後、裁断していきます。仮縫い後の修正を考慮して、縫い代は多めに付けます。

6.仮縫い・着合わせ

 仮縫いした洋服を着用していただき、デザインやサイズ・シルエットを確認。

(2週間~1ヶ月)

 

7.修正・本縫い

 修正がある場合は仮縫いを解き、平らな状態に戻し修正し本縫い。

  

8.仕立て上り

 修正から約1ヶ月で納品となります。
※混み合っている場合はお時間をいただく事もあります。

 

■シングルスーツ仕立て上り

  ¥200,000(税別)より   


納期短縮・低価格で仕立てる本格注文洋服


シミュレーションオーダーはこちら